診療案内 問診票ダウンロード 設備・施設 スタッフ紹介 ナースメッセージ スペシャリティ 学術活動 地域貢献

special contents エコへの取り組み おもてなしの心 脱ステロイド ホスピタルポリシー 小さな声が病院を育てます。

 

雌猫の避妊手術における1cm切開術

「患者様に負担をかけない手術を行います」

私たちは、わずか1cmの皮膚を切開するだけで雌猫の避妊手術を行います。

猫の口が届く範囲は意外にも広範囲に及びます。
又、それを防止するためのエリザベスカラーを術後に装着するのもストレスに感じてしまいます。
そこで私たちは皮膚の切開ラインを1cmにとどめる事により術後、傷口に口が届いて舐めてしまったとしてもほとんど問題の無い手術を可能にしました。
勿論、わずらわしいエリザベスカラーもいりません。
特にこの手技は、あまり人に馴れていない患者様に効果を発揮します。
それに抜糸のための通院も必要ありません。

※場合によってこの手技が適用できない事もございます。